オシロイバナの匂いがするというマムシがいるというケース

身はホビーで鮎釣りをします。任務の合間には鮎釣りクラブと鮎釣り談義で花が咲きます。数日前の行い釣りクラブが抱腹絶倒ことを言いました。『路地から川に辞する真っ最中オシロイバナの景色がしたら注意する行い』。意味がわからないので聴き治すといった『マムシの景色はオシロイバナの景色と同じですからマムシに文句について』と言われました。彼氏は年配の人物に教わったそうです。
言われてみれば私達の行っている川は、大河の最上流部で路地から森を降りて川まで行くのです。マムシがいてもおかしくありません。現にタヌキに遭遇したこともあります。
マムシではないですがカラフルなヘビには何度も突き当たりました。
そういった話も忘れた頃、常に川に鮎釣りに行きました。その日はいまひとつ釣れず、会社隔たりを頻繁に繰り返していました。最後に入った会社は路地から杉林を抜けるポイントです。
急斜面を杉の木につかまりながら降りているときでした。オシロイバナの景色がプーンって漂いました。周囲を見てもオシロイバナはありません。ひょっとしたらマムシか・・と思った時期ゾッとしました。でも川まで降り、釣りをしました。そうして帰路だ。思い出しました。オシロイバナだ。どうしても匂います。ここでもしも噛まれたら・・と考えるってまたゾッとしました。
その日我家に舞い戻り、マムシの景色をネットで探し出しましたがオシロイバナの景色は全体出ていません。ファクトかカモフラージュかわからない状態です。オシロイバナがトラウマになりそうです。せフレを作りたい、探したい人はココ