中年には分からんスタイル

「中年」と呼ばれる階層になりました。でも自分なりに頑張っておしゃれには気を使ってます。それでも、最近の未成年組合せには認識出来ないものが有ります。紳士のジーンズの「過剰な腰履き」。過剰なですよ、過剰な。それは本人は本気でスタイリッシュといった思ってるんでしょうか。ズボン履いてなかったら完全におけつのひび割れが思えてる平均、普通に大股で歩けないだろうぐらいまで下げて履いているのは、もう後ろ姿がペンギンでしょう。腰から見えて要る肌着のボクサーズボンのブランドが入ったゴムがチラ映り講じるぐらいはOKですよ。随時、どこをどうして勘違いしたのかトランクスのゴムを見せてる男児がいるけど、誰か忠告してあげて〜と思います。紳士だと、「異様に先の尖った革靴」も下手だ。すでに、中年には凶器しか見えません。大昔、こんな凶器ブーツを履いた外人プロレスラーが居たんですもん。そんな靴、歩き回って足が痛くならないのかな。デートにあの靴で「足がつらい」って言われたら、ドン引きするけどなぁ。奥様の組合せでは、今どき流行りの目線の真下の誇大なチーク。それは、種類氏ものの明るい奥様がしても、寸前な、全くトリッキーなメークだと想うなぁ。順路ですれ違った時にギョッとする一時が在る。紳士客受けも今一だと思うけど。あのメークで出掛けて、一度でも周辺や亭主に「そのメーク、素晴らしいね」って言われたことが有るのかなぁ。メークと言えば、眉をいじりすぎて、ダメメーク眉では出歩けないときの眉のマミー。汗の時間、油断すると、ペンシルでコーナー受けとりしたコーナーしか残ってない一時が見て取れるよ。気を付けて。こんな、他人のメークにふれこみを言ってる中年年は中年年で、メークがバブル当時のままな中年が居るけど。そこは多目に見てください。大昔は、青や緑のアイシャドウが時流だったのよ。それ以来、メークの流行りなんか誰も教えてくれないのよぉ。組合せ雑誌などビューティー院でしか読ん現れる倦怠無いんですもん。特に、あたいは断じて素っぴんで出掛けてますけどね。http://72.xii.jp/