九死にライフを得た人間の面持は

とある機会に死にかけて生還してきた個人という会う機会がありました。
あたし自体が以前に死にかけて生還してきたそれぞれなので、死の淵から帰って来た人間の面持ちというものが感覚でそれとわかるようになりました。
死ぬかもしれない場面はこういう何とも問題がなんとかならないのかというのですが、その生還してきた個人もそうでしたし、そういうことがないということがどんなに幸運かを噛み締めて通常暮らしています。
いのち長らえたら、憑き物が取れたように体躯も心的も軽くなります。その人もそんな軽やかな面持ちを通していました。
せっかく助かったいのちだから生きていることにただ感謝して、通常を極力生きようというようにあたしはなりました。その人も口には出しませんが、とことん生きようという意気込みが体内から放たれていました。
それぞれは生きているのではなく生かされているということをいう個人がいます。確かにそんな側面がいのちにはあります。
九死に生活を得たそれぞれは大まか明るく軽やかな面持ちを通していて、それぞれが全員、誰かと誰かのお互いのお陰で皆で生きていて、そういった意気込みが死にかけてはじめてわかったのかもしれないというくらいには、心地も想像もどうしても賢いわけでもないとも思いが付きます。
そんな意味でいのちこそ虎の子だ。あたしもその人もそういうことを実感しているような面持ちになっていて明るく軽やかな面持ちをしているのであると思いました。SMで出会いを求めるならこちら