双子の女、おめでた分娩、思ったケース。

乳幼児が生まれて8ヶ月経ちました。
受胎判明から1時代という半年ほどでしょうか。
双子って発覚したのは妊娠してすぐのこと。
一安心って不安に包まれたことを覚えています。
わたしだから大丈夫。と、のほほんとの誇りって
その誇りの陰で増えていく恐怖。
丈夫な子供が生じるだろうか。普通に健康な子供が生じるだろうか。
ただでさえ不思議の受胎なのに双子ですなんて大丈夫なのだろうか。
お腹はガンガン大きくなりました。
お産まで上数日というときに医師に、自力が大きくなっていないかもしれないと言われました。
仕方が震えて、血の気がひいたことを自分は忘れません。
次の週間大きくなってなかったら要注意です。と。
最初週が長かった。
速く明日になれ。明日になれ。
次の週間、双子の片割れは無事に大きくなっていて、
妻を笑顔にしてくれました。
頑張ってくれて有難う。
入院。お産。
産声を上げた瞬間のびっくりはいまでも忘れません。
涙がこぼれて、わが子供の顔付きがにじみました。
しわしわで、ガッツ石松の顔付きを通していました。
なるほど。結構二人入っていたんだ。
初めての施術はとても怖かったけど、
生活で一番の愉快を感じました。有難う。
今は動けるようになり。日帰り毎日、
自分も二人も必死に成長している。
これからも、共々成長していきましょう。生まれてきてくれて有難う。LINEID掲示板 詐欺アカウントの秘密